Company Profile
UX-Systemsとは?

時代と共に進化するUX-Systems

1980年代までは、IT技術は限られた人が利用するもので、日常的に誰もが身近に触れるものではありませんでした。その後1990年代以降、ITはその枠を超えて生活の中に浸透し、今ではITを意識しなくても、老若男女誰もが日常生活の中で知らず知らずのうちに利用する世の中になりました。

いつでもどこでもスマートフォンを利用し、SNS等で多くの仲間と文字情報のみならず写真や動画・位置情報まで瞬時に共有し、データそのものも保管場所(容量)を気にしなくてもネット上のクラウドサービスに保管。ネットからご自宅のセキュリティーシステムにアクセスしたり、留守中のペットの状態を映像で見ることもできます。道路の渋滞情報、電車の乗り換え案内、カーナビのルート検索も瞬時にできるようになりました。切符を買わなくても、スマホで電車の改札口を通れるようにもなりました。

いずれもこの数十年の間に様々なITに関わる様々な企業と技術者による試行錯誤、失敗と成功、そして進歩を経て、現在の世界が実現しています。そこには、利用者の目に見えない、大量のデータを送受信して処理するIT基盤があります。その仕組みは決して瞬時に完成したものではなく、とてつもなく長い歴史の中で少しずつ進化した結果として、現在の形があります。そして今この瞬間にもITは進化し、新しいサービスが生まれ、ますます便利な世界になっていきます。

ITが「生きる」世界の実現のために

私たちUX-Systemsは、1990年に設立され、皆さまが日常生活で利用し、現在の生活の中で無くてはならないサービスを提供する、このIT技術の基盤となる仕組みを構築している「システム・インテグレーター (SIer)」の会社です。

当初は日本ヒューレット・パッカード社(HPE)の戦略的ビジネス・パートナーとして設立された事もあり、国内のみならず、世界レベルで進化するITの激動の流れの中で、ハードウエア・ソフトウエア・ソリューションのいずれにおいても、常に最新の技術や手法にを取り入れ、会社としての技術力やノウハウを蓄積してきました。

これからもITの世界は、新しいサービスを生み出すために新しい技術が生まれ、より生活に浸透して「生きた」技術として、確実に進化していきます。そこには必ず裏側でその仕組みを構築して支える優秀な技術者の存在が欠かせません。UX-Systemsではそのような技術者を一人でも多く育て、より素晴らしい世界を築けるように社会に貢献していきたいと考えています。