Case Studies
事例1 : クラウドプラットフォーム

法人向け大規模プライベートクラウドプラットフォームの設計・開発・運用・保守

システム概要図▲クリックで拡大します

プライベートクラウドサービスの運用改善に始まり、弊社の技術レベル・状況判断能力・問題解決能力が評価され、後により深くサービスの設計・開発・運用に携わるようになり、弊社の人材とスキルで幅広くお客様に貢献することができた事例です。

プロジェクト概要

クラウドシステムに関連する設計・開発・運用。

お客様および対象サービス

法人向けの「プライベートクラウド」を提供する大手国内サービス提供会社(直接取引)。

システム規模と構成

400社以上の法人が利用するクラウドシステムは、大きくサービス側と監視・管理側に分かれており、総数1000台以上の物理的サーバーと、膨大な情報を支えるストレージ群で構成されています。

UX-Systemsの役割と効果

当初は、大手国内サービス会社が提供するプライベートクラウドサービスの初期フェーズにて、UX-Systemsは運用業務の改善を担当しました。

運用中におけるエンドユーザーからの質問や障害の対応に時間がかかっていたため、問題の切り分けと解決のスピードアップのため、エスカレーションのフローなどの運用の再設計と、関連するシステムを再構築し、結果的にQoSの大幅な向上を実現しました。

このプロジェクトにより、UX-Systemsの物理的インフラとクラウドの両方についての技術的なスキルと、状況判断能力・問題解決能力が評価されました。そのため、次フェーズではより深くサービスに関わる形で、クラウドサービスおよびシステムの設計・開発・運用にも加わるようになり、エンドユーザーがより安心して快適にサービスを利用することができるよう、改善提案を行いながらお客様のプライベートクラウドサービスを「育てる」お手伝いをさせて頂いています。

求められる技術

クラウドサービスの設計・構築・運用は、従来のインフラ構築(ハードウエア、OS、ミドルウエア、アプリケーション、ネットワーク)の経験が必要不可欠であり、UX-Systemsの従来からの豊富な経験とノウハウが活かされています。

また、今回のエスカレーションや障害対応などの運用業務の改善は、現状を正しく把握し、問題点・改善点を洗い出すために、情報収集能力、分析能力がが求められ、一歩進んだレベルの発想とスキルが必要となります。その上で、様々な機器とソフトウエア・開発を組み合わせて、お客様の組織・運用体制にあわせて最適な効率化を実現することも、弊社の得意とする分野のひとつです。

お客様との直接取引となるため、弊社のプロジェクト管理能力、コミュニケーション能力、状況判断能力、問題解決能力も十分に発揮されました。

考察

本プロジェクトでは、弊社の運用改善能力をきっかけとして、徐々により深く幅広い範囲でお客様をサポートさせて頂くようになり、UX-Systemsの新たな可能性を実感することができた貴重な案件でした。結果的に長期的なプロジェクトに成長し、現在も進化を続けています。

このように、プロジェクトが中〜長期にわたり、お客様からご依頼頂ける範囲が広がっていくケースが多いのも弊社の特徴のひとつです。